クライオ処理とは

クライオ処理とはサブゼロ処理の高度な処理の一つです

サブゼロ処理(sub-zero treating , deep freezing)とは

鋼材の生成における熱処理の一つにサブゼロ処理があります。高温処理だけが熱処理ではなく鋼の焼入後に0℃以下まで冷却する熱処理をサブゼロ処理と言います。

サブゼロ処理は深冷処理とも言い、鋼は赤熱状態ではオーステナイトと呼ばれる軟らかい状態ですが、これを焼き入れるとマルテンサイトと呼ぶとても硬い状態に変わります。しかし鋼中にはオーステナイトの一部が残留し、これをマルテンサイトに変える目的にサブゼロ処理が施されます。
焼入れした鋼中には約10~40%程度の残留オ-ステナイトが存在しています。このオ-ステナイトは置狂いや置割れの原因となるだけでなく硬さの低下にも影響します。その理由から0℃以下の温度に冷やし、技術的にマルテンサイト化させる必要があります。サブゼロ処理は鋼を焼入れ直後に行なうことで残留オーステナイトをマルテンサイト化させる方法です。
残留オーステナイトは経年による寸法変化や割れ、硬さの低下の原因になり、その対策としてのサブゼロ処理は精密部品・金型によく利用されています。硬度の均一化と増加、組織的性質の向上、寸法の安定化等を目的とした処理です。故にサブゼロ処理は包丁、刃物、工具や金型などの製造に用いられ、熱処理の先進国では加工コスト削減を図る為にも古くから使われている熱処理です。近年ではオーディオ製品や金属パーツ、金属バット、ゴルフクラブ、金管楽器、エレキギター、ベースなどの品質向上技術として応用されています。

現在冷やす材料である寒材にはドライアイス、炭酸ガス、液体窒素などが用いられ、ドライアイスで約-80℃、液化窒素では約-196℃まで冷やす事ができます。 約-80℃程度までのサブゼロ処理を普通サブゼロ、-100℃以下の温度を超サブゼロ(極低温処理・クライオ処理)と表現しています。

※サブゼロ…0℃以下の事
※サブゼロ処理とは…焼入れ後、残留オーステナイトをマルテンサイトに変態させるために行う熱処理で、常温よりも低い温度へ冷却し、その温度で灼熱する熱処理。(備考)深冷処理ともいう。[鉄鋼用語(熱処理)]
※焼入れ…鉄鋼製品を静止空気中よりもより迅速に冷却することからなる操作。[鉄鋼用語(熱処理)]

液体窒素貯槽

処理炉内

溶鉱炉

刀鍛冶

Excellent Cryo Treatment エクセレントクライオ処理とは?

超サブゼロ処理に造詣が深い事で著名な国内有数の熱処理専門会社とSQIが「サウンドクォリティーの向上」を目的に共同技術開発を行ったエクセレントクライオ処理(EXC-T)。
冷却工程(部材の熱を取り除く工程)、沈静工程(原子の移動を行わせる工程)、除冷工程(極低温状態から常温に戻す工程)の検証や温度帯域の研究、及び温度管理技術の研鑽の結果、私共は透明度、解像度、臨場感が群を抜いた、良質なサウンドを獲得することに成功しました。さらに、正確なオーダーによる「分子の再整列と不純物の除去」は中音域のナチュラル感と低域の剛性感をもたらせました。
また、EXC-Tはコスト面では不利になりますが、デリケートなオーディオ製品に処理を施す必要から、一般的に多く使用されている液体法ではなく、希少なガス法を採用。その事により、鋼材や非鉄金属(アルミニウムや銅等)等の金属だけではなく、樹脂などの有機材料にもクライオジェニックストリートメントを施工することが可能となりました。しかも安定した品質を保持する為に、全ての工程をコンピューター制御しております。

  • ①冷却工程
  • ②沈静工程
  • ③除冷工程

エクセレントクライオ処理は時間の工程管理により2種類ございます。

Excellent Cryo BASIC 24時間の工程管理

Excellent Cryo 48時間の工程管理

Materials Processing !

EXC-T(エクセレントクライオトリートメント)はサウンドクォリティーアイが開発した独自技術を使った新しいクライオ処理。
コンピューターによる厳密な温度管理のもとで行うEXC処理はクラスターがきちっと揃い、信号の流れが一気に向上します!

Sound Quality I

エクセレントクライオ処理の3大効果

【1】電気の流れが大幅に改善される(分子の再整列と不純物の除去。不純物が純物に変成)
【2】錆に強くなる(表面硬化による抗酸化作用)
【3】品質、性能が揃う(コンデンサーや抵抗のスペックが揃う)

音質の主な特徴

  • 圧倒的なレスポンス
  • 細かなニュアンスまでも逃さない高解像度
  • 損われることのない中域のエネルギー特性
  • クリアーな立体感のある低域
  • 従来のクライオ処理に在りがちな高域の嫌なピークがありません
  • サウンドの曇りが取れ、豊かな倍音と表現力が甦ります

「クライオ処理」と聞いて、どれも同じだと思わないこと。それが大切です。

CRYO(クライオ)と言う言葉はギリシャ語で「深冷」を表す学術用語です。ですから、極低温で物性処理をしてさえいれば、誰にでもその名前を使用することが可能です。
しかしながら処理の方法・プロセス・温度管理技術は各社一様ではなく、技術の格差は確実に音質の格差として反映されます。EXC(エクセレントクライオ)処理は、(株)サウンドクォリティーアイと熱処理専門機関が、「音質の向上」を目的として開発した先進の技術です。
そこで、サウンドクォリティーアイから皆様への提案です。「クライオ処理」と聞いて、直ぐにどれも同じだと思わないこと。まずはしっかりと音質のチェックを行い、そして、その良し悪しを判断する。それが大切です。